弁護士紹介


国際弁護士 バララム シュレスタ

バララムシュレスタ国際弁護士はネパールで弁護士及び日本で外国法事務弁護士として認定され、ネパールで20年、日本で7年弁護士として活動し、また諸外国で国際企業の業務へ法的サービスの提供を経験してまいりました。
国境を越えた企業・銀行・証券会社・外資系投資会社・病院などの国内および国際的な企業顧客に、国際貿易・輸出輸入・M&A・国際取引・仲裁・国際決済などの案件で、当事務所の法的サービスをコンサルティングしています。

氏は日本語・英語・ネパール語・ヒンディー語とウルドゥー語の言語に堪能です。
訪問国:アメリカ・日本・シンガポール・香港・タイ・インド・中国・韓国・バングラディシュ・マレーシア・チベット・台湾・フィリピン・ミャンマー

氏はネパールのトリブバン大学法学部と同大学の大学院を卒業し、現在は東京農工大学で博士課程を履修しています。
2010年から2014年までは、名川・岡村法律事務所と東京ジャスティス法律事務所に所属していました。

バララム シュレスタ
経歴

1995年 トリブバン大学法学部卒業
1996年 弁護士登録(ネパール政府認定 ネパール弁護士会)
2001年 トリブバン大学大学院政治学部を卒業
2009年 外国法事務弁護士として日本から認定
会員登録2009:周南弁護士会、山口県、日本
会員登録2010:東京弁護士会、東京、日本
2016年 東京農工大 博士課程入学中